総合的有害生物管理のお知らせ
 
ねずみ・害虫等の生息調査結果及び措置について

 
 松戸市文化会館(森のホール21)のような多数の方が使用し又は利用する建物では、建築物衛生法に基づいて建物内の衛生的環境を確保するため適切な維持管理に努めているところです。

 特に建物内で見られる「ねずみ・ゴキブリ・ハエ・蚊・ダニ」などの有害生物は、感染症を媒介したり、刺咬により皮膚炎やアレルギーの原因となったりするほか、大量に発生して快適な環境を阻害することから、松戸市文化会館(森のホール21)では、今年度から2ヶ月に1度総合的有害生物管理(IPM:人の健康への影響と環境に配慮した管理)に基づく調査及び措置を実施しております。
 
○今回の調査結果及び措置について
《調査日時》 平成29年6月5日(月)
《調査場所》   松戸市文化会館(森のホール21)全館
《調査結果》   地下1階・2階の汚水槽内にチカエイカ・チョウバエが認められる。
《措  置》  

平成29年6月26日(月曜日)に地下1階・2階の汚水槽内へ、下記薬剤による防除作業を実施する。

   
スミチオン乳剤フェニトロチオン10%
 
エアローチPエアゾール剤イミプロトリン
 
デミリン発泡錠剤ジフルベンズロン
 
バポナ殺虫プレートジクロルボス
 
※今回の調査では、地下1階・2階の汚水槽内以外の施設には、害虫等の生息が認められなかったため、地下1階・2階の汚水槽内以外の防除作業は行いません。
 
松戸市文化会館(森のホール21)